« ターニング・ポイント | トップページ | 学術集会 »

人間作業モデルの波

僕が医療保険分野の責任者になったのを機に、部内から数名MOHOの講習会に参加させましたpencil


予算外でしたが、もちろん誰にも有無を言わさずに…


持てる権力を最大限振りかざしているメタルOTですsmile


以前から事あるごとに、PT的な介入だけではダメだぞーって部内で言ってきたんですが、


最近部員の介入の仕方が変化してきているんですshine


徐々にではありますが、うちの部内にMOHOの波が来ていますwave


部員を取り巻く環境に介入したことにより、彼らの意志の変化が認められてきましたflair


それに比べ僕自身はマネジメント業務に追われて、かなり臨床が疎かになってる感が否めない…


やばいsweat01


久々に読み返してみようbook

人間作業モデル 改訂第3版―理論と応用

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

|

« ターニング・ポイント | トップページ | 学術集会 »

作業療法」カテゴリの記事

コメント

携帯メール返信すると思いきやこっちに返信します。なんだか11月末が楽しみになってきました!今回は最低2題は作業行動理論に基づいた発表があるってことですね! みんなで同県の作業療法盛り上げましょ!!!  まずはその前に換算ケースだー$%&#& おやすみなさい。

投稿: 512 | 2009年10月29日 (木) 23時29分

512さん、どーもーpaper
こっちは全然作業行動理論ってほどのものではないんですよsweat01添削が大変です…crying
でも、この経験が必ず実になると信じてサポートしてるところですshine
ほんと、お互い頑張りましょうねdash

投稿: メタルOT | 2009年10月29日 (木) 23時50分

こんばんは
私も人間作業モデルや作業科学の講義を何度か受講しました。作業療法士には大切な学問ですよね。
皆さんの熱い情熱が素敵です。

投稿: rehareha | 2009年11月16日 (月) 20時30分

reharehaさん、はじめまして☆
確かに作業療法士にとって、今後重要になっていく学問だと思っています。
僕自身も勉強中です。部下達に負けないようにしなくては…
今後ともよろしくお願いします!

投稿: メタルOT | 2009年11月17日 (火) 23時49分

メタルOTさん、昨日は本当にありがとうございました!ウチの後輩も心から感謝しておりました。
 しかしOTの領域って本当に広いですね、昨日のみなさんの発表を聞いて改めて感じました。どれもみな必要で大切な領域ですね。 最近はリハケアなどが主な発表場でしたが、来年は久しぶりに地元発表もありかな?なんて思っています。もちろん○○○○がらみで! また連絡します。

投稿: 512 | 2009年11月30日 (月) 23時07分

512さん、先日はお疲れ様でした!
僕も介入領域の広さを再確認しましたよ。最近徒手的治療テクニックも大事だなと思って、とある研修に申し込んだところでした。

来年あたり、ぜひ発表してください。実は僕にもある計画がありまして、発表できたらおもしろいかもなんて目論んでいます。

今度機会を作って飲み会でもしましょう!そちらまで出張しますよー

投稿: メタルOT | 2009年12月 1日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018566/31955800

この記事へのトラックバック一覧です: 人間作業モデルの波:

« ターニング・ポイント | トップページ | 学術集会 »