« 学術集会 | トップページ | 命ノゼンマイ »

祝!合格

8月にAMPS講習会に参加し、先日課題をアメリカに送付していたのですが、


本日AMPS Project Internationalからメールが届きましたmailto


ドキドキしながら結果を見ると


英文がズラズラ~~~sweat01


落ちたかsign02と一瞬焦ったんですが、


よーく見ると…


合格してましたーーーーーup


今日からAMPS認定評価者ですscissors


全く自信がなかったので、すごく嬉しいですねhappy02


OTとしての武器が1つ増えましたcrown


認定書は額に入れて、OT室に飾っておく予定ですshine


誰にも文句は言わせません


僕がボスですからsmile

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

|

« 学術集会 | トップページ | 命ノゼンマイ »

作業療法」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、中嶋といいます。突然のコメントで失礼します。
http://ameblo.jp/kaigoninn/entry-10402334871.html
↑こちらのページで、こちらのブログをリンクさせていただきました。
もしよろしければ、相互リンクしていただけたらと思います。ご検討いただけますと、うれしいです。よろしく願います。

投稿: 認知症を笑顔で:中嶋 | 2009年12月 4日 (金) 10時28分

中嶋さん、はじめまして。
相互リンクの件、了解しました。
今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: メタルOT | 2009年12月 4日 (金) 23時34分

AMPSは総合的に考えて、講習を受けたほうが良いものでしょうか?

確かに、作業から対象者の能力をトップダウンにみれるのでOTの武器になりうると思います。ないよりはあったほうが良いとは思います。

しかし、第一に認知度が低いためにPTや他の職種の人たちから「何かよく分からないことをやっている」と思われるリスクがあるように思います。第二に使える人が少ないので、自分の仕事量が増えたり、他の人へ普及しづらかったりするように思います。第三に講習費が非常に高く、日数もかなりかかってしまって休みは取れず、もし休みを取ろうものなら職場から多大な貢献を求められてしまいます。

AMPSは良いもののようには感じるのですが、このようなことから講習を受けようか戸惑っています。

AMPSは総合的に考えて、講習を受けたほうが良いものでしょうか?

投稿: ぷー | 2010年1月19日 (火) 21時52分

ぷーさん、こんばんは。
AMPSの認知度は確かに低いですが、うちの職場では「こんな評価法があるんだ~」と逆に関心されていますよ。
AMPSは認定評価者しか使用できないので、仕事量自体は確かに増えるかもしれません。しかし微々たるものですよ。自分のさじ加減でどうにでもなると思います。
講習費は高いですし、研修を受けるためには、まとまった休みが必要になります。ちなみに僕は、自分の夏季休暇を講習会にぶつけました。

講習会を受けるにあたり大切なことは、認定評価者になって何をしたいのか、どのように臨床で役立てたいのかという意志を明確に整理することだと思います。
僕自身は受けて良かったと思っていますよ。

投稿: メタルOT | 2010年1月26日 (火) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018566/32460237

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!合格:

« 学術集会 | トップページ | 命ノゼンマイ »