« 人間作業モデルの波 | トップページ | 祝!合格 »

学術集会

福島学会以来、久々に公の場に姿を現したメタルOTですsweat01


一般演題を聞いていて思ったのですが、機能回復に特化した発表から、心理面・環境への介入事例など、作業療法士が関わる領域の広さを改めて再確認しましたflair


ただし、これは他のコメディカルにも言えることthink


介入領域を拡大しつつも、その中で作業療法士として何ができるのか、他職種とどう差別化していくのかを常に考えていかなければなりませんsign03


久々に良い刺激を受けましたup


話はガラッと変わりますが、


今回参加して驚いたことは、僕のところにいろんな方が挨拶に来たことshine


「はじめましてー」なんて感じで、けっこう声をかけていただきました。


いつの間にか、顔が知られる存在になってきていますsweat02


もう悪いことはできません…crying


声をかけていただいた方々、どうもありがとうございました。


最近は出会いを大切にするようになってきたので、見かけたらどんどん声をかけてくださいねーhappy02


最後に、発表された方々、また運営に関わったみなさま、大変お疲れ様でしたfuji

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

|

« 人間作業モデルの波 | トップページ | 祝!合格 »

作業療法」カテゴリの記事

コメント

よっ、有名人(笑)!smile

週末、またお会いできますね。楽しみにしておりますbeer

投稿: クジラオカ | 2009年12月 1日 (火) 12時45分

まだまだKUJIRAさんには敵いませんよーsmile
週末はパーっとやっちゃいましょうbeer
よろしくお願いしまっすsign01

投稿: メタルOT | 2009年12月 1日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018566/32420614

この記事へのトラックバック一覧です: 学術集会:

« 人間作業モデルの波 | トップページ | 祝!合格 »